激安通販メガネ徹底比較
度数さえ分かっていればメガネまでもがネットで注文できる時代が到来。しかもお店で買うよりも断然安い!果たして激安メガネは本当に使い物になるのか?そしてどのお店で買うのが一番お得なのか?

メガネの基礎知識

眼科で処方箋をもらおう

メガネとコンタクトの度数は違う

 日本ではメガネを作るとき、メガネ店に行けば店員さんが視力を測ってくれるので、わざわざ眼科に行かなくてもメガネを作ることはできます。しかしヨーロッパやアメリカ、韓国などではメガネを作る時は、眼科に行って処方箋を書いてもらい、メガネ店に持っていくのが常識です。

 日本のメガネの技術は世界の中でもトップクラスなので、メガネ店の店員さんも、ある程度は技術があるわけですが、眼科に行くと視力以外に眼球に傷がついていないかなども診てくれます。もし視力が低下しているのが目の病気によるものだったとすれば、メガネ店でメガネを作っても何の解決にもなりません。念のため、眼科に行って診てもらうことは、安心にもつながります。  

また、激安メガネの通信販売サイトの中には「コンタクトレンズの度数で注文ができます」と書かれている場合がありますが、必ずしもメガネとコンタクトレンズの度数が一致するとは限りません。もし度が合わなかった場合、送り返して調整してもらう手間を考えると、あらかじめ眼科に行って、メガネ用の処方箋をもらってから注文した方が賢明です。

 健康保険に加入していれば、眼科で処方箋を書いてもらうのは、検診も含めて2000〜3000円前後と、それほど高いわけではありませんし、一度書いてもらえば6ヶ月ほどは有効なのでお勧めです。
次のページ ≫ 1 2 3 4 5