激安通販メガネ徹底比較
度数さえ分かっていればメガネまでもがネットで注文できる時代が到来。しかもお店で買うよりも断然安い!果たして激安メガネは本当に使い物になるのか?そしてどのお店で買うのが一番お得なのか?

メガネの基礎知識

激安メガネを選ぶ際のポイント

 激安メガネ店で売っているメガネは、原価が安いのか、セルフレームのフレームが多いです。しかし通販という都合上、店員さんに自分の顔の形に合わせてフレームを調整してもらうことができないので、後から自分で調整したいのなら、メタルフレームの方が曲げやすいと思います。通販の激安メガネ店の中には、セルフレームしか扱っていなかったり、メタルフレームの値段を若干高めに設定してあるところもありますが、安いお店を探してみましょう。中にはフレームが上半分しかないハーフリムタイプや、フチなしメガネを安く注文できるお店もあります。

 また、セルフレームのメガネはオシャレの意味合いが強いため、プライベートでかける分には問題ないでしょうが、仕事中にもかける予定があるのなら、メタルフレームにしておいた方が無難だと思います。

 ここで、メガネを注文する前にチェックしておきたいポイントを挙げておきます。


image002.jpg

1.テンプルの長さ
 長すぎるとレンズが目から遠くなり、度が弱くなります。また、メガネがズレる原因になります。短すぎるとレンズが目に近くなり、度がきつくなります。また、レンズにまつ毛が当たって邪魔になります。メタルフレームなら自分で曲げ直すこともできますが、不用意に曲げると金属疲労で折れてしまう可能性もありますので慎重に!

2.鼻幅
 鼻パッドがあれば問題ないですが、セルフレームの場合は、鼻幅が広すぎるとメガネがズレる原因になります。

3.レンズ(フレーム)横幅
 広いほど便利ですが、横に長いほど両端のレンズの厚みが増えます。50mmあれば快適。

4.レンズ(フレーム)縦幅
 広いほど便利ですが、激安メガネ店のフレームは縦幅が短いものが多いです。できたら30mmは欲しいです。縦幅は記載してないお店がほとんどなので、写真を見て横幅との比率で判断すると良いでしょう。

5.鼻パッド(鼻あて)の有無
 メタルフレームにはついてますが、セルフレームにはほとんどついていません。セルフレームで高さを調整したい場合、市販の鼻盛りシールを貼る方法があります。汚れたりはがれたりした時のために、いくつか買っておくと良いかも。

6,PD
 右目と左目の黒目の距離。メガネは黒目の正面にレンズの中心が来るように作らなくてはなりませんから、この数字を間違えると使えないメガネが出来上がってしまいます。鏡の前でものさしを目の前にかざして自分で測ることもできますが、誤差が出やすいです。眼科で処方箋を書いてもらうとPDも調べて書いてくれます。

7.レンズの厚さ
 度がキツい人ほど分厚くなります。追加料金で薄くすることもできます。
次のページ ≫ 1 2 3 4 5